×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肝斑 化粧品

肝斑の私が体験〜おすすめできる美白化粧品はコレ!

濃く広がったり、顔色が悪く見える肝班は、第一印象で老けて見られがちです。いつまでも若くありたい女性のために、私の肝班に効いた化粧品を写真付きで紹介します。

肝班の正しい改善方法を教えます

肝班は、化粧品に含まれる有効成分や、ピーリングで薄くなるものと、
全く効果がないものに分かれます。

 

両者の違いは、判別が難しいため、
最初は、より安全な化粧品やケミカルピーリングからはじめて、
何をやっても、改善しない場合に限り、レーザー治療を選択肢に入れる
ようにしましょう。

 

いきなり、肌への負担が大きい、レーザー治療を行うのは、
肝班がさらに濃くなるリスクが高く、あまりおすすめできません。

 

肝班のレーザー治療は、ノウハウと実績を兼ね揃えているクリニックが、
都心部にしか無いのも、あまりおすすめできない理由のひとつです。

 

もし、地方にお住みなら、一般的なクリニックに行くのは、控えた方がいいでしょう。

 

美白化粧品で改善できる肝班なのか、判断することが先決です。

肝班に効果的な化粧品の選び方

美白成分と浸透力をチェック

 

 

ハイドロキノン

これ以上の美白成分は無い!と言われており、
現在、発見されている成分の中では、最も美白に有効だと言われています。

 

 

理想のビタミンC

美白成分と言われている成分の中で、人間の体の中にも存在し、
安全な成分が、ビタミンCです。

 

テレビCMでもよく耳にする「ビタミンC誘導体」は、
人の手によって加工された科学物質なので、あまり肌に良いとは言えません。

 

なぜ、ビタミンC誘導体が多く使われるかというと、
純粋なビタミンCは、加工するとすぐに壊れてしまうからです。

 

それでも、「純粋なビタミンCが使いたい!」と思っていたところ、
運良く出会ったのが、今回、私の体験した美白化粧品です。

 

 

浸透力

ビタミンCは水溶性なので、顔の皮脂にはじかれてしまい、
角質層までは届きにくい成分です。

 

この水と油の性質を無視し、皮脂を突き抜けて、真皮まで届く浸透力があるかどうかを、チェックしておきましょう。

私が使ってみたのはこの化粧品です

今まで、美白に良いと言われた化粧品は、たくさん使ってきました。
でも、面の皮が厚いからなのか、たいして効果を実感できないでいました。

 

今回、ビタミンCの入った、美容液の評判がとても良かったのが、
使ってみたいと思ったきっかけです。

 

 

私が良いと思った点は

 

  • 美容液の良さが、次の日には実感できた(こんなのはじめて)
  • 染み込んでいくのがわかる
  • 効果がなかったら返品できる
  • 3ヶ月くらいすると、顔色が断然明るくなった

 

 

美容液がイチバンのお気に入りです。
浸透力があるおかげで、たっぷりつける必要もないし、
少しずつですが、明らかに肝班が薄くなってきたのは、とても嬉しかったです。

 

ポイントジミも消えてきたし、このまま肝班が消えてくれることを期待して、
ずっと使って行こうと思っています。

 

 

私の肝班が薄くなったのはこの化粧品です

 

 

 

 


30代や40代にできやすい肝斑も、シミと同じで、メラノサイトで作られたメラニンです。メラニンの色素沈着に試してみたいのが、シミに有効なビタミンC、美白成分を多く含んだ化粧品です。肝班に効く化粧品には、肌細胞の新陳代謝を高めて、メラニンの排出を促す働きがあります。最初は普通のシミだと思っていても、なかなか治らない、しつこいシミには、肝班を疑ってみることです。肝班には「目元にはできない」「左右対称にできる」という特徴があります。レーザー治療もありますが、メラノサイト周辺の、健康な細胞も焼いてしまうため、最後の手段として考えておくと良いでしょう。

スキンケア 化粧品


 
Copyright (C) 2010 肝斑の私が体験〜おすすめできる美白化粧品はコレ! All Rights Reserved.